【YouTube】ワタシゴトチャンネルも更新中!

楽して痩せられると話題の脂肪燃焼スープって何!? アレンジレシピと献立もご紹介!

楽して瘦せたい!それは誰もが思う夢ですよね。
そんな夢を叶えてくれる“脂肪燃焼スープダイエット”があると聞くけど…それって本当に効果あるの?

今回はそんなあなたに向けて、楽して瘦せられると噂の脂肪燃焼スープダイエットについて、期待される効果やアレンジレシピまで大公開!

この記事を読んで、夏に向けて理想の身体を手に入れちゃってください! 

そもそも脂肪燃焼スープって? 

脂肪燃焼スープについて基本的なことから効果まで以下に説明します。

脂肪燃焼スープとは

脂肪燃焼スープ:

 

海外の医師が考案したとされる、心臓外科手術前に急速な減量を行うために使用されている食事プログラムです。

1週間の短期集中プログラムを組み立てており、1日ごとに食べてよいもの、食べてはいけないものが決まっています。
食事メニューのルールに沿って実施することで、ダイエット効果が期待できます。

 

脂肪燃焼スープに期待できる効果

野菜をたっぷり使ったボリューム感のあるスープにより、1食あたりのカロリーは低く、たくさん食べても摂取カロリーは少ないので、体重減少が期待できます。

また、使用している野菜はそれぞれ栄養価が高く、脂肪燃焼・デトックス効果・便秘解消・代謝アップ・冷え性の改善を図ることができます。

 

脂肪燃焼スープダイエットのデメリット

食事制限のダイエット向けに、脂肪燃焼スープダイエットにはいくつかの注意点があります。

まず、1食あたりのカロリーが低く、たんぱく質の摂取量が不足するため、筋肉量が減りやすいです。

 

脂肪燃焼スープ:デメリット

 

また、糖質の摂取量が不足し、低血糖症による脱水・頭痛・体調不良を引き起こすことがあります。

最後に、基本のスープは1種類なので、食事制限が苦手な方や飽きやすい方はストレスから過食につながり、リバウンドを起こすため、注意が必要です。

脂肪燃焼スープダイエットのルール

脂肪燃焼スープダイエットには独自のルールが設定されています。
ルールを守って実施するために、しっかりと以下の項目を押さえておきましょう。

 

脂肪燃焼スープダイエットの方法

1週間のスケジュールに沿って食事を摂ります。始めは野菜スープのみですが、1週間かけて徐々に食べられるものが増えます。

注意点は、摂取する糖質量の減少から脱水症状を引き起こしやすいため、しっかり水分を摂るようにしましょう。
そして、開始時からカロリーがかなり低いため、体調を考慮し1週間以上実施しないようにしましょう。

 

脂肪燃焼スープダイエット:やり方

 

また、脂肪燃焼スープダイエット終了後には急激な体重減少から、体が栄養を蓄えようとしてリバウンドする可能性があります。

リバウンドを避けるためには、ダイエット後の食べ過ぎや飲み過ぎを避けて、食生活を改めて見直すことや軽めの運動から徐々に体を動かすことが大切です。

 

脂肪燃焼スープダイエットのルール

〈飲み物〉

・基本的に水やお茶を飲む(ブラックコーヒーは飲んでもよい)
・指定がある日は無脂肪乳(スキムミルク)やフルーツジュース・野菜ジュースを飲んでもよい
・アルコールは飲まない(アルコール飲んでから24時間以上経ってから実施する)

〈食べ物〉

・スープを先に食べる
・スープの量を減らさない
・間食しない
・調理するときに油を使わない
・小麦粉を使ったものを食べない(パンや揚げ物)
・砂糖・甘味料を摂取しない

 

食事に取り入れるタイミングは?

脂肪燃焼スープダイエット:タイミング

 

1日3食すべてをスープに置き換える方法や夕食の1食のみをスープに置き換える方法があります。
基本的なスケジュールは3食を置き換える方法です。

しかし、生活スタイルによっては夕食の1食のみ置き換えるやり方も可能です。

 

よくある質問

脂肪燃焼スープ:よくある質問

 

脂肪燃焼スープダイエットに取る組む際にさまざまな疑問が出ることがあります。
そこで、初心者でもわかりやすく、途中でも躓いたときなどに参考になるQ&Aを以下に挙げて説明します。

 

どうして脂肪燃焼スープダイエットをすると痩せるのでしょうか?
スープは野菜と水分が中心となり、通常の食事よりも1食あたりのカロリーはかなり少ない食事です。
そのため1日の消費カロリーよりも摂取カロリーが少なければ体重減少につながるため、痩せやすいダイエットといえます。
どうしても間食がやめられないのですが、どうしたらいいですか?
できる限り間食を避けましょう。

ですが、「どうしても間食がやめられない」「空腹が辛い」というときは、ナッツ類やヨーグルト、スルメをチョイスします。
その他にも、市販のダイエット用おやつの低糖質・低脂質・高たんぱく質のものが増えているため、そちらから選んでみるのもいいでしょう。

近頃は、ダイエット向けの商品が豊富に出揃っていて、胸肉のそのまま食べられる加工品なども販売されています。
飽きることなく、カロリーを減らしながらダイエットに取り組めます。

もちろん、カロリーだからといって食べ過ぎは禁物ですので、注意しましょう。
食事制限に慣れておらず、生活リズムから3食すべて置き換えは難しいのですが、1食置き換えだけでも効果はありますか?
1食置き換えだけでも、1日あたりの摂取カロリーや糖質量が減少するため、ダイエット効果が期待できます。

ただし、置き換えダイエットはもとに戻したときのリバウンドが最大のネックのため、継続的に痩せるダイエットか、短期的な目標のダイエットかは、しっかりと意識して、もとに戻らないようにリバウンド対策しましょう。
元々食事制限が苦手なのですが、短期間で痩せられるでしょうか?
食事制限に慣れていない方や苦手な方は、まずは1食置き換えでも効果が得られやすいため、こちらから開始してみるのはいかがでしょうか。

食事制限のストレスからダイエット後にリバウンドをする可能性があるため、無理せず強い食事制限は避けましょう。
ダイエット終了後にリバウンドしないか心配です。
一時的にカロリー・糖質・脂質・たんぱく質を減らしているため、ダイエット終了後に普段のように食事量が増えれば身体がリバウンドしやすい状態です。

そのため、普段から食事量・食事バランスの調整や痩せやすい体作りのために日常的な運動機会を増やすことでリバウンドを避けることができます。
脂肪燃焼スープダイエットを始めてから、体調不良になってしまった・生理中の対応はどうすればいいでしょうか?
食事制限の継続は体に負担がかかるため、体調悪化の可能性があります。
そのようなときは無理せずダイエットの一時中断を検討してみてください。

また、どうしてもダイエットを継続したいようでしたら、3食すべて置き換えから1食置き換えに減らすように調整します。
急激な体重の減少は負担が大きく、無理は禁物ですので、体調が整ったら徐々に再開してみましょう。
脂肪燃焼スープダイエットは1週間以上続けて行ってはいけないのでしょうか?
元々は患者向けの食事制限プログラムではあるため、通常生活するためにはカロリー・糖質・脂質・たんぱく質などの各栄養素が大きく不足しやすく、1週間以内での終了がいいでしょう。

また、継続したい場合は、健康維持のために最低数日間は空け、自身の体調をみながら実施をしてみてください。
それから、食事中のたんぱく質量が少ないため、筋肉量の減少から基礎代謝が下がり、痩せにくい体になります。
そのため、バランスのよい食事をとることが大切です。
脂肪燃焼スープダイエット

 

以前糖質制限ダイエットをしたら体調が悪くなりました。
このダイエットをやっても大丈夫でしょうか?
糖質制限をすると、「ケトーシス」という脱水症状や頭痛、甘い体臭がするようになるなどの症状が出現しやすく、体調不良を感じやすくなります。

体調不良を避けるために以下に注意しながらであればダイエットの継続は可能です。
まずは3食置き換えだと糖質量が少ないため、1~2食置き換えから開始し、体調を確認します。
また、糖質制限期間中は脱水症状が起こりやすいため、喉が渇いていなくてもこまめに水分補給を行い、1日2Lを目安に飲むようにしましょう。
脂肪燃焼スープダイエット中に外食に誘われましたが、どうすればいいでしょうか?
メニューがいろいろ選べるお店であれば、野菜や肉・魚・大豆製品などのたんぱく質を中心に選ぶといいでしょう。
そして、ご飯や麺類などの炭水化物を避ける・食べる量を減らすことで、糖質量の減少を図ることができ、ダイエット中でも影響が出にくいです。
そして、お酒は可能な限り飲まないように心がけてください。
脂肪燃焼スープダイエット中に運動や筋トレをしても大丈夫でしょうか?
ダイエット中はエネルギーが不足しやすいため、ウォーキングなどの軽めの運動であれば無理せず行えるでしょう。

強い強度の筋トレはダイエット終了後に行うことをおすすめします。
運動後はできれば肉・魚・大豆製品などのたんぱく質、プロテイン飲料の摂取をしましょう。

 

脂肪燃焼スープダイエット

脂肪燃焼スープのレシピ

ここでは、2つの脂肪燃焼スープのレシピについて紹介します。

 

脂肪燃焼スープ:アレンジレシピ

 

脂肪燃焼スープの基本のレシピ①

【材料】

・キャベツ:半玉
・タマネギ: 3個
・ピーマン: 2個
・にんじん:1本
・トマト:5~6個またはホールトマト缶:1缶
・セロリ:1本
・水(野菜が浸る程度)
・コンソメ:適量
・塩こしょう:適量

 

【作り方】

野菜を一口大に切ります。

キャベツやセロリはみじん切りがおすすめです。

切った野菜をすべて鍋に入れ、水・コンソメを入れて10分程度煮込みます。
塩こしょうで味を整え、完成です。

 

切った野菜を煮込むだけでとても簡単でおいしいスープを作ることができます。

冷蔵での保存だけでは量が多いため、1食分ずつタッパーで冷凍することもおすすめです。
仕事場でのランチで食べる場合は、フードジャーやコンテナタイプのタッパーで持って行くと食べやすいです。

スープが飽きてしまったときのアレンジとしては、コンソメや塩こしょうを増やして味を少し濃くすることや、カレーパウダー・コリアンダー・クミン・ガーリックなどのスパイスを追加。
そうすることで、味変することができます。

また、カレールーは小麦粉を使用しているため、カレーパウダーを使用するようにしましょう。


脂肪燃焼スープの基本のレシピ②

【材料】

・パプリカ: 2個
・にんじん:1本
・ブロッコリー:1/2株
・きのこ類(しめじやえのきだけ):1パック
・ほうれん草やモロヘイヤ、小松菜:一束
・水(野菜が浸る程度)
・コンソメ:適量
・塩こしょう:適量

 

【作り方】

野菜を一口大に切ります。
切った野菜をすべて鍋に入れ、水・コンソメを入れて10分程度煮込みます。
塩こしょうで味を整え、完成です。

 

上記のレシピとは別に、食材が苦手・なかなか手に入らない場合の代用方法をご紹介します。

セロリにはデトックス効果のあるカリウムが豊富に含まれています。ほうれん草・モロヘイヤ・小松菜・ブロッコリーにも多く含まれています。
トマトは抗酸化効果のあるリコピンが豊富ですが、にんじんにも含まれているため、活用できます。

抗酸化効果の高いパプリカや食物繊維の豊富なきのこ類もスープにぴったりです。

脂肪燃焼スープダイエット中の献立例

1週間の献立に対して脂肪燃焼スープダイエットを実施する場合に考える、3×7=21食分の献立アイデアを紹介します。

 

脂肪燃焼スープ:献立

 

月曜日の食事内容

朝:スープ(基本のレシピ1)+フルーツ(りんご1/2個)
昼:スープ(基本のレシピ1)+フルーツ(キウイ1個・リンゴ1/2個)
夜:スープ(基本のレシピ1にカレーパウダー追加)+フルーツ(パイナップル)

1日目はスープとフルーツの組み合わせを食べます。
フルーツはバナナ以外のものを食べましょう。
市販のカットフルーツや甘味料の入っていないフルーツジュースを選んでもよいです。

その他に飲み物は水・お茶・ブラックコーヒーのみを飲みましょう。

 

火曜日の食事内容

朝:スープ(基本のレシピ1)
昼:スープ(基本のレシピ2)
夜:スープ(基本のレシピ1に電子レンジ調理したじゃがいも1個・カレーパウダー追加)

2日目もスープ中心で、夕食のみじゃがいも・さつまいもなどのイモ類を食べられます。
調理方法は茹でる・蒸すのみで、電子レンジでの調理が手軽でおすすめです。
調味料はバター・マヨネーズ・ケチャップなどを使わないことが大切です。

飲み物は水・お茶・ブラックコーヒーのみを飲みましょう。

 

水曜日の食事内容

朝:スープ(基本のレシピ2)+イモ類(レンジ調理したさつまいも1/3)+フルーツ(りんご1/2個)
昼:スープ(基本のレシピ1にコリアンダー追加)+イモ類(レンジ調理したさつまいも1/3)+フルーツ(りんご1/2個・オレンジ1/3個)
夜:スープ(基本のレシピ1にレンジ調理したじゃがいも1個・カレーパウダー追加)+フルーツ(オレンジ2/3個)

3日目はスープとイモ類、果物が食べられます。
イモ類は2日目の夜と同様に、茹でる・蒸すのみ、調味料は避けましょう。
果物はバナナ以外のものであれば食べてもOKです。

飲み物は水・お茶・ブラックコーヒーから好みのものにします。

 

脂肪燃焼スープ:アレンジ

 

木曜日の食事内容

朝:スープ(基本のレシピ1にカレーパウダー追加)+バナナ1本+無脂肪乳250ml
昼:スープ(基本のレシピ2にガーリックパウダー追加)+バナナ1本
夜:スープ(基本のレシピ1にコリアンダー追加)+バナナ1本+無脂肪乳250ml

4日目はスープとバナナが食べられます。

飲み物は水・お茶・ブラックコーヒーだけでなく、無脂肪乳(スキムミルク)500mlまでは飲んでもよいです。

 

金曜日の食事内容

朝:スープ(基本のレシピ2にコンソメ追加)+サラダチキン+トマト2個
昼:スープ(基本のレシピ1)+鯖の水煮缶(塩こしょう追加)+トマト2個
夜:スープ(基本のレシピ2に鳥ハム・カレーパウダー追加)+トマト2個

 

5日目はスープ・肉か魚・トマトを食べます。
肉や魚の調理は油や調味料の砂糖を避けるため、蒸す・焼くことが大切です。
肉は良質なたんぱく質である、鶏胸肉・ささみ・牛肉の赤身を食べるようにします。
鍋や電子レンジ調理での鳥ハムや茹でささみはまとめて用意しておくと、食事の用意が楽になるのです。

魚の調理としては焼く際は魚焼きグリルやクッキングシートを利用したフライパン調理をすることで、油を使わずに調理が行えます。
鯖の水煮缶なども手軽でおすすめです。
トマトは6個までを目安に食べます。

飲み物は水・お茶・ブラックコーヒーにしましょう。

 

脂肪燃焼スープ:アレンジ

 

土曜日の食事内容

朝:スープ(基本のレシピ1に電子レンジ調理したブロッコリー1/3個追加)+焼き鮭1切れ
昼:スープ(基本のレシピ2に電子レンジ調理したほうれん草1/2束追加)+サラダチキン
夜:スープ(基本のレシピ2に鯖の水煮缶・電子レンジ調理したブロッコリー1/3・カレーパウダー追加

6日目はスープ・肉か魚・茹で野菜を食べます。
野菜はブロッコリーやほうれん草、オクラなどを使用し、イモ類やトウモロコシは糖質が高いため、避けるようにします。
また、野菜を食べる際は味の濃い調味料を控えるのがダイエットの基本です。
5日目と同様に肉か魚は蒸す・焼くように調理を行います。

飲み物は水・お茶・ブラックコーヒーをセレクトしましょう。

 

日曜日の食事内容

朝:スープ(基本のレシピ2にガーリックパウダー追加)+玄米+サラダ(レタス3枚・ブロッコリー1/3個・トマト1個)
昼:スープ(基本のレシピ1にオクラ・ほうれん草1/2束・カレーパウダー追加)+玄米
夜:スープ(基本のレシピ2にカレーパウダー追加)+玄米+野菜ジュース

7日目はスープ・玄米・野菜または野菜ジュースを食べます。
最終日は玄米を食べられますが、食べ過ぎに注意しましょう。

また、野菜ジュースは市販のものですと糖質の高いものがあるため避けます。
飲料には水・お茶・ブラックコーヒーを飲みましょう。

脂肪燃焼スープダイエットがきつくなったら…

ダイエットのために食事制限を始めてみたはいいけども、しばらくすると食事量が減ってしまって空腹に耐えられない時や同じスープを食べ続けることでも飽きてしまう時がどうしても出てきます。

そんなしんどい時期を乗り越えて、脂肪燃焼スープダイエットを成功させるための対応方法をご紹介します。

 

おなかがすいた時の対処法

脂肪燃焼スープ:お腹がすいた時の対処法

 

間食は可能な限り避けたいですが、どうしても空腹に耐えられない時もあるでしょう。

そんなときは流動食を取ります。
1食あたりのカロリーが少ない物を選べば、間食としてはとても有効です。

ナッツ類やヨーグルトなどの低カロリー・高たんぱく・低脂質・低脂肪のおやつを取り入れるとダイエットへの影響を最小限にすることができます。

また、飲む水の量を増やすことで空腹を紛らわせることにもつながりやすいのです。

 

味に飽きた時に!アレンジレシピ①

<和風スープアレンジ>

【材料】

・きのこ類:1/2株
・れんこん:50g
・ほうれん草:1束
・オクラ:5~6個
・豆腐:半丁~1丁
・水:材料がつかる程度
・だしの素:適量

 

【作り方】

野菜や豆腐を一口大に切ります。
切った野菜や豆腐をすべて鍋に入れ、水・だしの素を入れて10分程度煮込みます。
塩こしょうで味を整え、完成です。

 

きのこ類やれんこんなどの根菜類は食べ応えがあり、スープに飽きてしまった時は、食感が変わることで食欲も戻ることに注意です。
また、食事制限中は水分不足から便秘症になりやすいため、きのこ類やオクラなどの食物繊維をとることで便秘解消につながります。

そして大豆製品からたんぱく質を補充し、筋肉量を減らさないようにしましょう。


味に飽きた時に!アレンジレシピ②

脂肪燃焼スープ:味に飽きた時のアレンジ

 

<中華スープアレンジ>

【材料】

・卵:1~2個
・乾燥わかめ:5g
・もやし:1/2~1袋
・水:材料がつかる程度
・中華だし:適量
・おろししょうが:チューブ2~3cm

 

脂肪燃焼スープ:アレンジレシピ

 

【作り方】

野菜を一口大に切ります。

卵はあらかじめ溶いておきます。
乾燥わかめはお湯で戻しておきましょう。

切った野菜をすべて鍋に入れ、水・だしの素を入れて10分程度煮込みます。
戻し終わったわかめ、おろししょうがを鍋に入れて少し火にかけます。
溶き卵を回し入れ、一煮立ちしたら塩こしょうで味を整え、完成です。

 

同じ味に飽きてしまった時にぴったりの、しょうがの効いたボリュームたっぷりな1品です。

もやしやわかめは食物繊維やミネラル豊富でダイエット効果の高く、安価で調理が簡単なのでおすすめです。

また、包丁・まな板を使わないレシピなので、仕事や家事に疲れていても簡単に作ることができます。


味に飽きた時に!アレンジレシピ③

<洋風スープアレンジ>

【材料】

・キャベツ:1/4玉
・玉ねぎ:1個
・ブロッコリー:1/3株
・豆類(ミックスビーンズや大豆の水煮):半量
・ベーコンまたはハム:3~4枚
・水:200cc
・無調整豆乳:200cc
・コンソメ:適量
・オリーブオイル:適量

 

【作り方】

野菜やベーコン・ハムを一口大に切ります。
鍋でオリーブオイルを熱し、切った野菜・ベーコン・ハムをすべて入れ炒めます。
ミックスビーンズや大豆・水・コンソメを加え、煮立てます。
豆乳・塩こしょうを加えて味を整え、完成です。

 

ベーコンやハムの旨みが効いており、満足感の高いスープです。

たんぱく質たっぷりな豆乳や豆は優しい味で、食事制限中でストレスが溜まっていても、ほっこり安心できます。
また、豆乳は腸内環境を整えることで便秘解消にもつながりやすく、抗酸化作用があるため、ダイエットにぴったりです。

 

脂肪燃焼スープ

まとめ

今回は脂肪燃焼スープダイエットについてご紹介しました。
食事制限ということで、ハードルが高いと感じる方もいるかもしれません。ただ、野菜具沢山のスープは満足感が高く、おいしく続けられます。

また、食事メニューが決まっているため、スープを作り置きすれば毎日のメニューを考える必要が減り、料理時間の短縮につながります。

おいしく簡単に短期間でキレイに痩せる、そんな脂肪燃焼スープダイエットを始めてみましょう。