【YouTube】ワタシゴトチャンネルも更新中!

【インタビュー】お客様と共に歩んでいきたい/アロマセラピスト 上田 綾子さん(後編)

金沢市内でアロマテラピーを用いたボディケアサロン「relaxation salon chypre(シプレー)」を営んでいる上田綾子さんを取材しました。

後編では、数えきれないほどのお客様に寄り添い悩みを解決するお手伝いをしてきた上田さんの、仕事や育児で忙しい女性にこそ伝えたい想いやこれからの夢について伺いました。

 
前編はこちら
【インタビュー】お客様と共に歩んでいきたい/アロマセラピスト 上田 綾子さん(前編)

日々発信し続けること

———-ちなみに、今まで苦労したことはありましたか?  

上田:開業した当時は、まだSNSがあまり主流ではなく集客はブログのみでした。なので、毎日更新作業をすることが大変でしたね。特に、ネタ探しが大変で(笑)おまけに、とにかく文章力もなくて(笑) でも素敵で読みやすく楽しいブログにしたかったので、とりあえず本をたくさん読み、色んなジャンルの方のブログを見て勉強させて頂いたり、文章や表現の仕方などを積み上げていくことが大変でした。
私の人柄やお店の雰囲気を知ってもらうためにも、大変ですけど日々発信し続けることって大切なんですよね。     

———-私もブログを書かせて頂いているので、すごくその悩みは分かります!(笑)人柄や想いを伝えることはもちろん、発信し続けることで多くの読者の目にも止まりやすくなりますよね。    

上田:そうですね。長年ブログを読んで来て下さり、リピーターになって下さるコアなお客様も多いです。
特に年齢を重ねてくると、思わぬ身体の不調がいろいろと出てくるんですよね。そんなときの駆け込みサロンとして、頼れる存在でありたいなって。
だから、病院に行くほどではないけれど毎日辛い…そんなときに「そうだ!あそこに行こう!」と思ってほしい。そのためにも、情報が埋もれないように日々発信し続けたいし、私自身も伝えたいことがいっぱいあるので、それを伝え続けたいと思います。

【メリハリが大事】 

———-仕事とプライベートの両立で大切にされていることはありますか?     

上田:必ず自分を満たして、喜ばせる時間を作ることです。人に期待すると疲れるし、大人になると褒められることも少ないので。
でも仕事が詰まっているときは、子どもを早く寝かせて家事はほぼ手抜きで、とことん集中して頑張るようにしています。
やっぱりどこかで気合いを入れて踏ん張らないと、他の色んな時間が削られたりしわ寄せが起こったりするので。     

———-仕事が中途半端だと、気がかりでプライベートを存分に楽しめないですもんね。メリハリをつけることって大事なんですね。     

上田:そうですね。そうやって頑張って成果を上げられたときには、家族との時間も自分時間もより充実すると思います。  

より多くの女性を元気に

———-セラピストとして、これからの夢は何ですか?  

上田:今はほぼボディケアのお仕事が中心ですが、いつか自分の持つ知識や技術をいろんなカタチに変化応用させて、より多くの女性をエネルギッシュにしていきたいです。
例えば、ワークショップを開催したり、セルフケアの動画を配信したりとか。
以前は「私はコレしかできない」って思っていたんですけど、最近では身に付けてきた知識や技術を違った切り口でも伝えていけるんじゃないか、と思うようになりました。     

———-今まで積み重ねてきたものが、多方面で活躍してくれそうですね。最後に、忙しい現代女性に向けてアドバイスをお願いします。     

上田:忙しい現代女性は、仕事だけじゃなく家事、育児、他にもやることがてんこ盛り。疲労が蓄積してくると「私ばっかり疲れているし辛い」と、思考もついネガティブになりがちですよね。 そうなることが多いと感じる時は、心と身体が「休もうよ~」と言っているサインだと思って、一旦自分を労わる時間を作ってほしいなと思います。 一人でカフェでゆっくりするでもいい、好きなものを食べるでもいい、とにかく1時間でも2時間でも一旦一呼吸おいて自分と向き合う時間を作ることが大切なんです。

そうやって心身を整えることが、前を向いて楽しく生きるコツの一つだと思います。     

———-私もイライラしたりネガティブになったりしたときは、そのサインを見逃さずしっかり自分を労わるご褒美タイムを作りたいなと思います。上田さんは、まさに女性にとって頼れる救世主ですね。     

上田:私自身も若い頃、かなりストレスを溜め込んでしまった時期があったので、ストレスを抱える女性の気持ちがすごく分かるんです。だからこそ、もっと疲れやストレスから解放してあげたい。 SNSが流行りリアルなコミュニケーションが薄い時代と言われていますが、こういう時代だからこそお客様にもっと密に関わって、ずっと寄り添えるサロンにしていきたいなと思います。     

———-日々のストレスや疲れのサインを見逃さず、自分を労わる時間を大切にして、もっと楽しく元気にイキイキと過ごせる女性達が増えていくといいですね。私も「向き合う時間をつくること」を実践していきたいと思います。 

取材中、何度も出てきた「私が絶対なんとかしてあげたい」という言葉。
自分のこと以上にお客様の悩みに寄り添い、サポートしてくれる上田さんのセラピスト魂を強く感じました。本日は貴重なお話をありがとうございました。

【relaxation salon chypre】

https://chypre-kanazawa.jimdofree.com/