【YouTube】ワタシゴトチャンネルも更新中!

黒部に来たなら寄ってかれ!道の駅「KOKOくろべ」&周辺スポットまとめ

春の暖かな日差しのもと、お出かけしたくなるこの頃。
「せっかくの休日。何をしようかなあ。」そんな休日難民さんに朗報。

2022年4月22日(金)、黒部市でオープンする道の駅をご存知ですか?
今回は、黒部の魅力をぎゅっと詰め込んだ新スポット、道の駅「KOKO(ここ)くろべ」をご紹介します。

「観て」「食べて」「遊んで」、心も体も癒されに行ってみてはいかが?

道の駅「KOKOくろべ」って?

《出典:黒部市》

 

2022年4月22日(金)午後5時にいよいよオープン!

開館時間は午前8時半から午後9時までで、年中無休。場所は、富山県黒部市堀切925番地1。
国道8号入善黒部バイパス沿いに位置し、アクセスは良好。駐車場も224台分とたっぷり用意。

これならドライブの休憩がてら、ふらっと立ち寄れそう。

隣には黒部市総合公園があり、道の駅一帯は黒部らしさを感じさせる水や緑であふれた空間が広がります。
ベビーコーナーやキッズスペースも完備で、家族連れのお出かけ先にもおすすめ!

さらに道の駅の隣には、温浴施設も建設中なんだそう。ますますにぎわいに期待できそう!

 

《出典:黒部市》

 

ちなみに、「KOKOくろべ」という名前は公募で選ばれ、「ここから黒部が発展してほしい」「ここは黒部」という思いを込めて名付けられたそう。

KOKOから始まる。黒部がもっと楽しくなる!

KOKOくろべでは、黒部産の食材にこだわり、地元食材を活かした商品やメニューをご提供。

 

《出典:JAくろべ》

 

農林水産物直売場「瑞彩(みずいろ)マルシェ」では、地元農家が丹精込めて育てた野菜をはじめ、
地元食材を使用した加工品、富山湾でとれた魚、その他お土産などが並びます。
まさにネーミング通り、鮮度に満ちたみずみずしい商品たちを取り揃えて、お客様をお出迎え。

また月に一度の特売日があり、普段は見ることができない珍しい商品を販売する予定なんだとか。
季節ごとに入れ替わりで商品が並ぶので、何度来ても楽しめるのが嬉しいところ!

 

《出典:JAくろべ》

 

物販施設「こられっと」では、黒部の地ビール「宇奈月ビール」のほか、特産品やオリジナル雑貨を購入することができます。
カップ売りなので、早速その場で一杯。地ビールファンにはたまらないですね!

さらに開業を記念して、地元産のリンゴを使ったビール「KOKOBEER(ココビール)」も発売されるんだとか!
その他フードコート内には、飲食店5店舗が登場!気になる中身をちらっとご紹介します。

 

1店舗目は「つばき食堂」。

《出典:JAくろべ》

おいしい、うれしい、にっこり笑顔の三拍子が揃ったわくわく食堂。
富山湾の宝石「白エビ」や「とやまポーク」を使った、職人技が光る逸品を堪能できます。

 

2店舗目は、「Family Kitchen Kamome (ファミリーキッチンカモメ)」。

《出典:JAくろべ》

熱々ジューシー鉄板ハンバーグをはじめ、ふわとろオムライス、富山湾でとれた紅ズワイガニのクリームコロッケなど、シェフ自慢のこだわりメニューが満載の洋食屋さん。
キッズメニューも豊富で、家族みんなが笑顔に!

 

3店舗目は、「練り天屋 生地蒲鉾」。

《出典:JAくろべ》

県内初!待望の練り物揚げ専門店。
生地蒲鉾のオリジナルすり身を使ったふわふわの出来立て天ぷらを味わうことができます。

半熟たまごのふわ天や黒部産ネギとしょうがミックス など、多彩なラインナップでお待ちしています。

 

4店舗目は、「麺屋はなと」。

《出典:JAくろべ》

黒部名水ポークを使ったモツ味噌らーめんや貝だし中華そばなど、黒部でしか味わえない一杯。
黒部名水ポーク を使ったコロッケやメンチカツ、アメリカンドッグなど、小腹を満たすサイドメニューも盛りだくさん!

 

5店舗目は、「crepe de cocon(クレープドココン)」。

《出典:JAくろべ》

黒部の米粉と富山県産小麦粉を使用したクレープ屋さん。
食感の軽い生クリームと新川地区の旬の果物を使ったクレープは別腹でぺろり。

春に行きたい!黒部・宇奈月エリアを楽しみ尽くそう!

黒部の見どころは、道の駅「KOKOくろべ」だけじゃないんです!

せっかく黒部に来たのなら、とことん楽しみ尽くさないともったいない!
黒部・宇奈月周辺の見どころスポットも合わせてご紹介します!

まさにパワスポ!黒部の春到来「雪の大谷」

《出典:立山黒部アルペンルート》

 

黒部の春と言えば、外せないのが立山黒部アルペンルート「雪の大谷」ですよね!

そびえ立つ圧巻の雪壁を間近に感じながら、その中を歩くことができるのは、4月から6月までのいまだけ!
次第に雪解けが進むため、開通直後の4月が特におすすめですよ。

 

《出典:立山黒部アルペンルート》

 

4月中旬から5月上旬までの期間限定で立山連峰を一望できる雪の上の遊歩道「パノラマロード」や
雪壁にメッセージを刻んで発信する新エリア「#ウチの大谷」など、見どころたっぷり!

 

《出典:立山黒部アルペンルート》

 

真っ白な雪と真っ青な空のコントラストは息をのむほどの美しさ…。
非日常を感じさせる自然の雄大さに日々の疲れも一瞬で吹き飛んでしまうはず。

訪れた人にしか分からない感動をぜひ生で!


ついでに、日本一高い温泉で一風呂してみてはいかが?

《出典:みくりが池温泉》

 

室堂ターミナルから少し足を伸ばし、みくりが池方向へ進むこと約10分。
標高2410m、日本一高所に佇む天然温泉が「みくりが池温泉」です。

 

《出典:みくりが池温泉》

 

中には、男女別の展望内湯が一つずつ設けられています。

源泉は地獄谷にあり、無加水無加温。
白く濁った硫黄の香りが特徴で、100%掛け流しのお湯が一日の疲れを温かく癒してくれます。

よく晴れた日中は立山の壮大なパノラマが楽しめ、一転夜になると、満天の星空がとても近く見え、まるで手が届きそうなほど。

まさに秘境ならではの至福のひと時…。

 

《出典:みくりが池温泉》

 

日帰り入浴だけでなく宿泊もできるほか、レストランや喫茶店のみの利用もできますよ。


癒されたい!愛くるしい動物にほっこり「くろべ牧場まきばの風」

《出典:黒部・宇奈月温泉観光局》

 

標高約355mの高台にある「くろべ牧場まきばの風」。
牧場には、約250頭の乳牛やポニー、羊、うさぎなどが放牧されていて、まるで小さな動物園のよう。
ふれあい広場では、動物たちに触ったり、エサやりも体験できたりします。

大人も子どもも童心に返り、家族みんなで楽しめること間違いなし!

 

《出典:くろべ牧場まきばの風》

 

牧場に併設されている「MOOガーデン」では、自家製ミルクを使ったスイーツをその場で堪能できます!
雄大な黒部川扇状地や富山湾を前に食べるスイーツの味は格別。

濃厚なのにしつこくない。後味爽やかなソフトクリームは不動のナンバーワン!
まず食べてほしい自慢の一品。

その他にも、3種類の牛から搾ったオリジナルミルクや10種類以上ものジェラートなど、どれにしようか悩んでしまうほど。
どれを食べても絶品なので、友達や恋人、家族でシェアしてみては。仲が深まるかも!

まとめ

黒部市の道の駅「KOKOくろべ」と、合わせて行きたい黒部・宇奈月周辺の見どころスポットをご紹介しました。

道の駅のオープンを機に、ますます盛り上がりが期待される黒部、宇奈月エリア。
知られざる魅力がまだまだたくさんあるはず。あなただけのお気に入りを見つけにぜひ足を運んでみてくださいね!

 

アイキャッチ出典:黒部市

スポット・イベント情報

道の駅「KOKOくろべ」
住所:富山県黒部市堀切925番地1
公式サイト:道の駅 KOKOくろべ〈富山県 黒部市〉

 

「2022立山黒部雪の大谷フェスティバル」
会場:立山室堂平・立山有料道路、大観峰
期間:2022年4月15日~6月25日、午前9時半~午後3時
入場料:無料
公式サイト:雪の大谷を楽しむ 50th+1 | 立山黒部アルペンルート

 

みくりが池温泉
住所:富山県中新川郡立山町室堂平
TEL:076-463-1441
営業期間:4月15日~11月24日(2022年)
公式サイト:【公式】みくりが池温泉:日本一高所の天然温泉
・日帰り入浴
 営業時間:午前9時~午後4時
 ※定員男女各6人
 料金:800円
・宿泊
 予約状況や料金等は、公式サイトをご確認ください。
・レストラン
 営業時間:午前11時~午後2時
・喫茶店
 営業時間:午前8時半~午後4時半

 

くろべ牧場まきばの風
住所:富山県黒部市宇奈月町栃屋字広谷4番地
営業時間:午前10時~午後5時(11~3月は午前10時~午後4時)
※年末年始は休み
TEL:0765-52-2604
FAX:0765-52-3925
公式サイト:くろべ牧場 まきばの風〈くろぼく〉公式サイト