【YouTube】ワタシゴトチャンネルも更新中!

今注目される「パラレルキャリア」とは

どうも、ママライターchiharuです。

みなさんは、「パラレルキャリア」という言葉を聞いたことがありますか?

近年、ライフスタイルや社会情勢の変化、また働き方改革も相まって、働き方の価値観が大きく変わってきました。

本業1本で定年まで働くという考え方はもう古く、本業とは別でキャリアを築く「パラレルキャリア」という新しいワークスタイルが注目され始めました。

正直私は、パラレルキャリアと聞いて「なんだそりゃ??」という感じでした(笑)


パラレルキャリアって何?

私でもできるの?

パラレルキャリアについて、メリットやデメリット、また簡単に始められる方法などをまとめてみました。

パラレルキャリアとは?

パラレルキャリアとは、かつて「もしドラ」で有名になった経営学者のピーター・ドラッカー氏が「明日を支配するもの」(ダイヤモンド社)の中で提唱した考え方です。

簡単に言うと、「本業を持ちながら第2のキャリアを築くこと」です。

副業と何が違うの?

副業=本業の就業時間以外を使って行う仕事のこと。
基本的には、収益を得ることを目的としていますよね。

しかし、パラレルキャリアは収益・報酬を得ること以外のことも含まれます。
例えば、自分のスキルアップやボランティアなど社会貢献活動も含まれます。

またパラレル=「平行」という意味をもつことから、本業と同等の気持ちで取り組むことをいうので、そこが副業とも大きな違いだと思います。

別名「複業」とも呼ばれます。

パラレルキャリアのメリットは?

①もしも・・・夢の実現ができる

「もしも、こんな職業についていたら・・・」と考えた経験は誰でもあるはず。
そんなパラレルな世界を、本業を続けながら実現できるのがパラレルキャリアのよいところ。

失敗したときのことを考えると、やりたいことを挑戦するのはかなりリスクがありますよね。
しかし、本業がある安心感があるので、低リスクでチャレンジできます。

②スキルが磨かれる

パラレルキャリアでは、本業とは異なるスキルを磨くことができます。
磨かれたスキルは、本業でも活かすことができるので一石二鳥。

これまで以上に本業へのモチベーションも向上するはずです。

③人脈が広がる

本業では出会えなかった人脈も築けるのがメリットの一つ。
新しい価値観や考え方にも触れる機会が増えます。

④新しい自分の発見や自分を見つめ直すきっかけ

新しいスキルや人脈を構築することで、今まで気づかなかった自分を発見したり、改めて自分の価値観を見つめ直す機会になるはずです。

デメリットはある?

①スケジュール管理が大変

本業とパラレルキャリアをどう振り分けていくか、スケジューリングが非常に重要となってしまいます。
管理がうまくできないと、どちらにも支障をきたすことになるので、他の人にも迷惑をかけてしまう結果に。

しかし裏を返せば、パラレルキャリアを実践していくことで、マネジメント力や自己管理力を高められると思います。慣れるまでは、仕事量を調整するなどして、無理のない程度で進めていくことをおすすめします。

②お金がかかる

活動内容によっては、多くの費用がかかる場合があります。
ボランティア活動のように収益や報酬が得られないものがあるので、自分で負担しなければならない点も気を付けておく必要があります。

ママワーカーでもできるパラレルキャリア


「パラレルキャリア、とっても魅力的!

だけど、私は小さな子どももいるし本業以外でそんな時間とれる自信がない・・・」


ママワーカーだけじゃなく、仕事と育児・家事を両立する女性は、私と同じように感じる方も多いはず。

そこで、ママワーカーも始めやすいパラレルキャリアをピックアップしてみました。

①minne(ミンネ)

ハンドメイド作品を「売りたい人」と「買いたい人」をつなぐサービス。

minneマーケットには、全国各地のクリエイターや作家がつくった約1,000万点の素敵な作品が出品されています。

売り手も登録するだけで簡単にお店を出すことができるので、手軽に始められるのがポイント。
趣味を活かしたり、家事の延長線上で挑戦してみたり、ママワーカーにもぴったりの複業ですよ。

https://minne.com/

②Crowd Works(クラウドワークス)

世界中の企業や個人とつながり、仕事の受発注ができる日本最大級のクラウドソーシングサイト。

仕事のカテゴリーは200種類以上で、ホームページ制作やロゴ作成などの専門スキルを活かせるものから、ライティングやビジネス調査など未経験でも挑戦しやすいものまで幅広くあります。

好きな場所で好きな時間に行えるので、本業に負担をかけずに始められます。

収入も得られてスキルや経験も積めるので、ママワーカーも負担なく続けられそうですね。

https://crowdworks.jp/

(ちょっと番外編)

③仕事旅行

仕事旅行は様々な職業の体験プログラムを通じて、「はたらく力」を高める”学び”のサービス。
いわゆる、短期の職業体験サービスです。

旅行をする感覚で、さまざまな職場を実際に体験し、プロフェッショナルの技や仕事術、価値観などを五感で感じることができる魅力があります。


パラレルキャリアを始めるための一歩として、挑戦してみてはいかがですか?

https://www.shigoto-ryokou.com/

まとめ

フリーランスやノマドワーカーなど、自分らしい働き方が求められるようになりました。
近い将来、パラレルキャリアは当たり前の時代になるかもしれません。

パラレルワールド=好きなように思い描く「もしも」の世界が、現実で実現できたら。


働くことに対する熱意や愛着、モチベーションにもつながるのではないかと思います。

ぜひ、これからの働き方を考えるヒントにしてみてください。