【重要なお知らせ】Instagramの「なりすまし偽アカウント」にご注意ください

【インタビュー】呼吸が変われば、もっと毎日楽しくなる/ブリービクス教室-Hirameki- 宝達 佳奈さん(前編)

あなたは、ブリービクスというエクササイズをご存じですか?

呼吸を正しくすることで姿勢や動作を整える、石川県発祥の新たなエクササイズです。

今回取材させて頂いた宝達佳奈さんは、「ブリービクスをもっと多くの人達に伝えていきたい」という想いのもと、2015年にブリービクス教室-Hirameki-をスタートしました。

もともと会社員としてバリバリ働いていた宝達さんですが、なぜ開業してエクササイズを指導する立場になったのか。宝達さんが目指す理想の生き方についてお話を伺ってきました。

【迷った末に辿り着いたのは】

———会社員からブリービクス指導者って、大きな転身ですよね。宝達さんの気持ちを動かしたブリービクスとの出会いについて教えてください。

宝達さん(以下、宝達):会社員時代、もともと頑張り過ぎちゃうタイプの私は自分の限界を超えるまで仕事して、その度にコテンっと熱を出して体調崩すという繰り返し。偏頭痛やアレルギーもありましたし。

このままじゃいけないと、自分の身体について真剣に考え始めたのが、ちょうど20代後半頃。

とりあえず、ホットヨガとかいろんな教室を体験してまわってたんです。

でも営業職だった私は、仕事で普段から周りと比較されることが多かったので、エクササイズに行ってまで、うまく出来てないんじゃないか、見た目はどうか、何を着ていくかなんて気にするのは嫌だなぁと。

そんな時に参加したある教室が、それまでとはまるで違っていたんです。

自分の身体だけに集中でき、整えられるのが分かりました。「これだ!」と直感し、すぐに通うことを決めました。

それが、現在所属しているブリービクス研究会の創設者(師匠)のメソッドを取り入れたエクササイズ教室だったんです。

———いくつものエクササイズ教室を体験した結果、一番宝達さんにピッタリ合ったのがブリービクスだったんですね。初めてレッスンを体験したときは、どんな印象でしたか?

宝達:「あ~気持ちいいっっ!!」って、動きながら瞑想している気分(笑) 

ブリービクスの方法で呼吸をすると、自分の身体を俯瞰できるんです。これこそが集中だ!って思いました。 


呼吸と連動して、肩甲骨・背骨・肋骨とか、骨盤・仙骨・股関節とか、「骨格の感覚」みたいなものが生まれてきて、自分に中身ができていくような、不思議な感覚で。 

そういう感覚があると体を動かすこと自体が楽しくて。身体が喜んでいるんだなと、そう素直に思えました。

【50歳になった自分を思い描いて】


宝達:ブリービクス師匠との出会いから2年くらい経った頃かな、師匠から「そんなにこのエクササイズが好きなら、(資格取得講座で)もっと身体のこと学んでみたら?」って提案されて(笑)

指導する立場なんて考えたこともなかったんですけど、なぜか「はい!」と2つ返事。

身体を学ぶことそのものが楽しそうに思えたんです。 

———資格を取得したあとは、すぐに指導者として活動されなかったんですか?

宝達:そうですね。そのまま会社員でした。

会社を辞める勇気なんてなかったですし、ボーナス無いなんてありえない!って思ってたんで(笑) 

ただ身体の勉強が思った以上に面白くて、自分の変化も実感していたので、資格は維持していました。もちろん普通の生徒としてレッスンにも通っていました。 


そんな時、師匠から「ピンチヒッターだけど1回指導してみる?」と、突然お話を頂いたんです。 

———すごーい!!指導者デビューですね!初めての先生役はどうでしたか?

宝達:それが、楽しくて楽しくて(笑)

こんなカタチでも人の役に立てるんだなって感じました。

それに、知識をアウトプットすることで自分の学びにもなりましたね。

生徒さんや施設の職員の方からも好評いただき有難かったですね。

こんな働き方もあるんだなとぼんやりとは思いましたが・・・それでもまだ、指導者になろうなんて全く思わなかったです。 

結局、指導を仕事にするのは資格を取ってから5年ほど後になります。 

———ずっと会社員としてバリバリ仕事されてきていたので、やっぱり辞めるってなると大きな決断ですよね。その決断をするに至った理由は、なんだったんですか?

宝達:会社員の仕事はもともと好きな分野だったこともあり、楽しいことも沢山ありました。

でも逆に、50歳の姿を想像して、不安を感じる自分もいました。

こうなりたいなって思える自分を見つけたい。

思い描く自分になるためには、私の場合3年じゃ無理だ。10年はかかる。

だったら、逆算すると・・・そんなことを考えていたら、自然といろんなタイミングが重なって。
自分の中で決めた目標が達成できたタイミングとか・・・。「辞めるなら、今かな」と。

———そっか、いろんなタイミングが重なったんですね。辞めるって言ったら、会社に引き止められたんじゃないですか?

宝達:有難いことに、そうでした。 

でも最後には、会社での仕事も本当に好きだっていう気持ちも分かってもらえたし、絶対やりたい!ってことが見つかったんだったら・・・と、上司も理解してくれました。

【続けられる教室に】

———レッスンは、普段どんな感じで行っているんですか?

宝達:レッスン約1時間半のうち、始めの15分間くらいはレッスンのイントロとして身体の仕組みなどのお話をするんです。

ボーンズ君(骸骨の人形)を使ったり、日常の話に置き換えながらお話させて頂いてます。

「身体って、こんな風になってるんだよ~」って。

身体の仕組みを知りイメージできると、それだけで自分の身体に向き合うことができるんです。

———ボーンズ君、かわいい(笑)理科の授業とかで出てきた気がする。

身体の仕組みって一見難しそうだなと思っちゃいがちですが、宝達さんは身近なもので例えて話してくれるんで、すごく分かりやすいですね。

宝達:師匠がこんな教え方をしてくれる方だったんです。

私が生徒として通っているときも、このイントロが毎回楽しみでした。

イメージがあるとエクササイズもすごく動きやすくなるんです。

———師匠の教え方も受け継いでいるんですね。

宝達:他にも受け継いでいることがあります。

例えば、私も会社員時代は残業とかでレッスンも休むこともありましたし、働く女性や子育てしている女性が通いやすい教室にしたいって思ってて。

身体のメンテナンスは定期的にやりたいですよね。料金はもちろん欠席の振替など「続けられる教室」にしています。

ブリービクスの教室運営は透明で単純明快。

レッスンも1回1回ちゃんと身体のメンテナンスができる内容です。

どなたから見ても安心して通える教室だと思います。

———それ、すごくありがたいです!子どもが小さくてなかなか参加できなかったり、仕事が忙しくて休みがとれなかったり・・・それに頑張って上手にならなきゃって思うと苦痛にもなったり。

宝達:私も頑張らなきゃって思うと苦痛になるタイプだったので(笑)

最も効果的な「気分転換」は身体を動かすことだと証明されています。

重力に対して適正に動くことが、身体にとって最高の気晴らしなんです。 

だから子育てママにも、チャンスができたら来てほしい。

「行けるかなぁ・・・」と諦めちゃったら来れなくなるので、行けるチャンスを見逃さず狙う!そのくらいの気持ちで、といつも言ってます(笑)

あとは、会社での立場とか奥さん・ママという家庭の立場とか、女性は普段いろんなものを着て生活していると思うんですけど、このレッスンに来たときはそれらを脱いで、身軽にのびのび動いてもらいたと思っています。



続きは後編にて 
【インタビュー】呼吸が変われば、もっと毎日楽しくなる/ブリービクス教室-Hirameki- 宝達  佳奈さん(後編)