【YouTube】ワタシゴトチャンネルも更新中!

金沢駅の新名物スイーツ誕生!?地元企業コラボのかき氷が販売開始♪

金沢かき氷ブームに新たな旋風を巻き起こす!石川県の企業がコラボした特別なかき氷が金沢駅に登場。

今回は、金沢駅あんと西百番キッチン内にある「カンパーニュ クチーナ&バール」で味わえるコラボかき氷をご紹介します!

この夏だけのとっておきの一杯を、ぜひあなたも味わってみて♪

金沢駅から発信!石川県産食材コラボのかき氷

今回ご紹介するのは、金沢駅あんと西百番キッチン内にあるレストラン「カンパーニュ クチーナ&バール」にて、2021年7月13日(火)から販売開始した「能登塩生キャラメルソースと加賀棒ほうじ茶の絶品プリンかき氷」です。

石川県内で飲食事業を展開する「カンパーニュレストラングループ」、金沢市の老舗氷屋「クラモト氷業」、茶葉の栽培から販売までを一貫して行う羽咋郡宝達志水町の「油谷製茶」の3社がコラボして誕生しました。

かき氷の氷は、「クラモト氷業」の特製氷を使用しています。口に入れた瞬間、ふわっと溶けるような食感なのに食べごたえがあります。また、氷が溶けにくいのも特徴です。

分かりますか?普通のかき氷の氷と少し削り方が違って見えませんか?削り方もしっかり計算されており、ソースや生クリームとの相性をとことん考えられているそう。

上からたっぷりかけられたソースは、能登塩をミックスした自家製の生キャラメルソース。能登塩は、日本最古の製法で作り続けている珠洲市の塩を使用しているそう。

ちょっぴりほろにが味の塩キャラメルソース。しっかり濃いめで、甘すぎないので、飽きずにパクパク食べられるのが魅力です。大人も大満足の上品なソースに仕上がっていました。

かき氷を食べ進めていくと、中から顔を出すのが、カンパーニュ特製のプリン。

カンパーニュグループが秘伝のレシピで作る絶品プリンに、油谷製茶のほうじ茶粉末をふんだんに使用。濃厚なほうじ茶の味わいや風味を楽しむことができます。また、もっちり固めの食感もヤミツキに。

かき氷の中にプリンという面白い仕掛けには、最後まで飽きずに食べてもらえるように……という想いが隠されており、食感が異なるプリンがいいアクセントになっていました。

コラボかき氷誕生のきっかけ

このコラボかき氷が誕生した背景には、協力した企業3社の「コロナ禍でイベントが続々と中止になるなか、多くの人が通勤・通学で活用する金沢駅に新たな夏の名物を生み出し、人々の気持ちを盛り上げたい」という想いが込められています。

コラボかき氷を通して、石川の食文化に興味を持ってほしいという狙いのもと、今後もさまざまなコラボ商品が登場する予定とのこと。近々では、能登の赤崎いちごを使った商品を企画しているそうですよ。次回の新商品も見逃せませんね。

商品・店舗詳細

「能登塩生キャラメルソースと加賀棒ほうじ茶の絶品プリンかき氷」

《値段》1,200円(込)

《販売期間》2021年7月13日(火)~2021年9月中旬

カンパーニュ クチーナ&バール

《住所》石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街あんと西百番キッチン内

《TEL》076-224-0141

《営業時間》7:00~23:00(L.O.22:00)

《公式サイト》http://www.campagne.jp/

まとめ

石川県内産のこだわり食材をふんだんに使用した金沢駅の新名物スイーツ、コラボかき氷をご紹介しました。石川が誇るおいしい食文化がギュッと詰まった特別な一杯に、きっとお腹も心も大満足になること間違いなし!夏しか味わえない期間限定なので、ぜひこの機会に石川県ならではのかき氷を堪能してみてはいかが?