【重要なお知らせ】Instagramの「なりすまし偽アカウント」にご注意ください

2022年のおせちに、北陸の味の芸術品「かぶら寿司」を!【PR】

2021年もあと少し、お正月の準備はお済みですか?

今回は、富山県南砺市でお漬物を製造・販売されている、丸東食品の「かぶら寿司」をご紹介!

海と山の幸を、自然の恵みで発酵させた北陸の味の芸術品は、贈り物にもぴったり。

まあ1回、食べてみられぇ~

そもそも、かぶら寿司とは?

かぶら寿司は、北陸・富山、金沢で古くからつくられてきた郷土のお漬物、伝統的な発酵食品。寿司と言っていますが酢飯は使わず、魚を塩と米飯で発酵させた「なれずし」です。

富山、石川のおせちに欠かせない一品

「食べないとお正月が来た気がしない」と言われるほど、富山県や石川県で親しまれいるかぶら寿司は、おせち料理と一緒に食卓に並びます。口に入れると、麹(こうじ)の上品な甘みと旨みが口の中一杯に広がり、しゃくしゃくとしたかぶらの食感と一緒に、ブリや鮭、サバの恵みの旨みを味わえます。

麹(こうじ)には美白作用も

発酵食品に含まれる麺には美白作用があります。麹を含んだ化粧品は、現在数多くのお店で取り扱われていますが、これにはきちんとした理由があります。コウジ酸菌が作り出すものは、厚生労働省の認めた「美白成分」のうちの1つだからです(※) 

この成分は「お酒を造っている杜氏(とうじ)の手が白いこと」から発見されました。

(※)コウジ酸を含有する医薬部外品 https://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/11/dl/s1102-8c.pdf(厚生労働省Webサイトより)

厳しい風土と先人の知恵が育んだ、発酵食品の傑作

かぶらすしが誕生したのは、江戸時代だといわれます。北陸の冬は深い雪に閉ざされます。海と山の幸に、発酵という自然のちからを加えることで、美味しさと保存性を高めたかぶら寿司には、雪国に生きる先人たちの知恵が詰まっています。

また、栄養面においても、かぶらずしは大変優れた発酵食品です。乳酸菌、アミノ酸、DHA、EPAをしっかりと摂れるので、現代の食卓においても見直したい伝統料理の1つです。

かぶら寿司の食べ方

かぶら寿司は麹ごと、そのままいただきます。味はしっかりついていますので、醤油はいりません。繰り返しですが「麹ごと」いただきます。

かぶら寿司を知らない方に贈答すると、麺の食べ方が分からずに洗い流される方がいらっしゃいます。知らないと、翅がたっぷりついたお漬物は「ぬか漬け」に見えるのかもしれません。

かぶら寿司を初めて贈答される方には、「麹は洗い流さなくても大丈夫」とお伝えすることをおすすめします!

まるとうのかぶら寿司

一見、同じように見えるかぶら寿司ですが、お店ごとに独特の味わいがあります。

今回、ご紹介する丸東食品様のかぶら寿司は、塩味が強くなくマイルド、水分は少なめでカラッとしたかぶら寿司です。漬け込む桶を逆さにして、時間をかけて水切りをすることで、この味にたどり着いたとのこと。

かぶら寿司は「サバ」「ブリ」「紅鮭」の3種類

1番人気は「サバ」のかぶら寿司。サバはかぶに味が移りやすく、強いうまみを感じられます。

海の近くにお住まいの方には「ブリ」が人気。ブリは贈答用に購入される方も多いそうです。

「紅鮭」はあっさりした味わい。切ったときの断面が綺麗な紅白で見た目に美味しく、そそられます。

30年変わらない味を、長く食べてもらいたい!

毎年、会社まで足を運び「ここのかぶら寿司が好きで」と購入するお客様もたくさんいる、まるとうのかぶら寿司は、社長のご両親(80代)を中心に、年配のスタッフ8名で製造されています。

「年末年始の習慣・恒例行事として食卓に並べてもらえるのはありがたい」

「マイルドでカラッとしたかぶら寿しが好きな人に、長く食べてもらいたい」

そんな想いで、30年以上、変わらない味を保っているかぶら寿司を、ぜひ、今年のおせちの一品に選んでみてはいかがでしょうか!

遠方の方に富山を贈ろう! 

まるとうのかぶら寿司のご注文は、オフィシャルECサイトで!

https://marutou.official.ec/


丸東食品株式会社

[ 住所 ] 富山県南砺市上野152番地 [ 電話 ] 0763-22-2214 [ 受付時間 ] 午前8:00〜午後5:00 [ 定休日 ] 日曜・水曜 [ FAX ] 0763-22-2240(24時間受付)