【YouTube】ワタシゴトチャンネルも更新中!

【富山の方言/用語集】これ知らんがけ?富山人あるある用語集

富山弁で知らんがけ?とは、知らないの?の意味。富山には、県民には当たり前だけど他県の人にはさっぱり…??という方言や地名、特徴などがたくさんあります。今回は富山人ライターchiharuが、他県の方もこれは絶対知っておくべき!という用語集をお届けします。

就職・進学・転勤で、富山に引っ越してこられる方も多いはず。
豊かな自然と美味しい食べ物がたくさんの富山は、とーーーっても良い街!!

一早く富山に慣れ親しんで頂くために、あるある用語集をまとめました。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

よく使うちゃ富山弁


●こちょがしい
=くすぐったいの意味。「ちょこがしい」とも言うらしい。

●だやい
=だるいの意味。使用例「今日、だやいわ~」

●なーん
=いいえの意味。使用例「なーん、違うよ」

●かたがっとる
=傾いているの意味。正直、私これは標準語やと思ってました(笑)

●くどい
=味が濃いの意味。これも標準語じゃないことにショック(笑)

●きずばん
=絆創膏の意味。富山の子どもは全員「きずばん」で習います。


ちなみに・・・
富山弁と言えば…でよく聞く「きときと」(=新鮮という意味)は、全く使いません!(笑)使ったら、おそらく笑われます。

道路の愛称

●イチコロ

=国道156号線。岐阜市から高岡市までを結ぶ一般国道。富山県西部の住民なら利用頻度がかなり高い国道です。

●サンゴク

=国道359号線。富山市から金沢市までを結ぶ一般国道。車を乗るまでこの愛称を知らなかった私は、「サンゴク」と聞いて「山賊」を連想し、物騒な国道なんだと勝手に勘違いしていました(笑)

富山の美味しいもん

●とろろ昆布のおにぎり

海苔の代わりにとろろ昆布を巻いたおにぎりは、富山ではメジャーなソウルフード。
一世帯当たりの昆布消費量が1位の富山では、コンビニや飲食店でも、とろろ昆布のおにぎりが当たり前!老若男女に愛される味なのです。でも…私は正直「どこ持って食べたらいいの?」と素朴な疑問は持ち続けています(笑)

●渦巻きかまぼこ

全国的には板についたかまぼこが一般的ですが、富山のかまぼこは渦巻き状になっているのが当たり前!昆布や赤い皮が巻かれた富山のかまぼこは、見た目も可愛くて子ども達にも大人気なんですよ。

≪引用:梅かま



ちなみに、富山では結婚式の引き出物として「鯛の細工かまぼこ」が定番です。
昔から引き出物をご近所におすそ分けする風習もあり、大きく豪華な鯛かまぼこが主流となったようです。

それ何なが?富山あるあるネタ

●小学校ではチャレンジ3015

昭和59年から富山県の小学校で実施されている「みんなでチャレンジ3015」。
身体を動かす遊びや運動をすると1得点づつ獲得できて、立山の標高と同じ3015点のゴールを目指す仕組み。休み時間には、みんなでチャレンジ3015してたなぁ~(笑)


●北陸銀行の口座はステータス

富山市に本店を持つ地方銀行。富山県民に一番親しみのある銀行なので、たいてい北陸銀行口座を持っています。スーパーと併設しているATMも多いので、持っておくと便利ですよ。

読めんがいぜ!難しい地名

難易度☆

・総曲輪(そうがわ) 富山市
・城端(じょうはな) 南砺市
・石動(いするぎ) 小矢部市

難易度☆☆

・婦負(ねい) 富山市
・三女子(さんよし) 高岡市
・五十里(いかり) 高岡市

難易度☆☆☆

・今生津(いもず) 富山市
・開谷(かいだん) 中新川郡上市町
・山女(あけび) 魚津市

私は富山人ですが、ずっと総曲輪を「そうなわ」と言っていました(笑)富山の中心地「総曲輪」だけは、間違えないようにしられ~。

まとめ

富山弁と富山の地名をマスターすれば、あなたは立派な富山人!!富山あるある用語を覚えて、ぜひ楽しい富山ライフを過ごしてくださいね。