【YouTube】ワタシゴトチャンネルも更新中!

オフィスでも使えるおすすめのハンドクリーム3選

手などの乾燥が気になる時期に活躍してくれるのがハンドクリーム。
香り、保湿力、美白、オーガニック製品など特徴は様々ですよね。
そんな中でも「香り」に着目して選ぶと、ちょっとしたすきま時間でリフレッシュすることができ
仕事の効率アップなどにも役立てられるかも。
今回は、実際に使ってみて良かったものを個人的感想と合わせて3つご紹介します!

こんにちは。
季節はまもなく冬へ。

手などの乾燥が気になる時期に活躍してくれるのがハンドクリームですが、香り、保湿力、美白、オーガニック製品など特徴は様々。

そんな中でも「香り」に着目して選ぶと、ちょっとしたすきま時間でリフレッシュすることができ、仕事の効率アップなどにも役立てられるかも。


今回は、実際に使ってみて良かったものを個人的感想と合わせて3つご紹介します!

どんな時に使うのがおすすめ?

ありませんか?こんな時…

・アイディアに煮詰まって、話し合いがスムーズに進まない。

・大切なプレゼン前に、緊張をほぐすしたい。

・仕事が思い通りにいかず、イライラした気持ちを落ち着かせたい。

・残業でもうひと頑張りしたい。

社会人なら、多くの人が日常的に経験するこんなシーン。
皆さんはいつもどんな風に気分転換をしていますか。

こんな時にこそ、リラックス効果やリフレッシュ効果もある香りを上手に活用し、快適なオフィスライフを過ごしましょう!

おすすめのハンドクリーム3選

①Aesop(イソップ) レスレクション ハンドバーム

男女ともに人気の高いイソップ(Aeasop)からは、「シトラス、ウッディ、ハーバル」のアロマ成分が入ったこちらのハンドクリームがおすすめです。
気分をリフレッシュさせてくれるシトラスと、穏やかな気持ちになるウッディがどちらも配合されているので、集中力を高めて効率アップさせたい時などにもおすすめ。
少しスパイシーな香りなので、甘い香りが苦手な大人の女性にもぜひ試してみていただきたいです。

ハーブ系(ハーバル系)は、気分をシャキッと目覚めさせてくれます。「脳を活性化させたいとき」「落ち込んだ気持ちをリフレッシュさせたいとき」「やる気を起こしたいとき」「頭をクリアにしたいとき」などに効果があります。

引用元:KUNKUN.style

【品名】レスレクション ハンドバーム 75ml 3,080円(税別)

【HP】Aeasop

②北麓草水(ほくろくそうすい)ハンドトリートメントクリーム 檜

野草本来の力や、植物のそのものの香りを大切にする北麓草水。
檜、柚子、葡萄の3種類の中から仕事中におすすめしたい香りは檜。

クリームを塗った両手で顔を包むようにして、目をつぶり深呼吸すれば、そこはまるでマイナスイオンたっぷりの森の中にいるようです。自然の香りに包まれてリフレッシュすれば、新しいアイディアがピンと浮かんでくるかも!

◆檜の香り◆

心を穏やかに癒し、気分をリフレッシュできる香りです。毎日忙しい都会に住む人々が嗅ぐと、ふと森の中を歩いているようにリラックス&リフレッシュを感じられる香りです。鎮静作用が安らぎをもたらし、眠りをサポート。また明日に向かってゆっくりと気持ちをリフレッシュしていくことができます。

引用元:AROMA sommelier

【品名】ハンドトリートメントクリーム 80g 1,430円(税込)

【HP】 北麓草水

③MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)ハーバルハンドクリーム

マークスアンドウェブのハンドクリームからは、ゼラニウム精油とカモミール精油の香り成分を配合した「リラックス」がおすすめ。
こちらも甘すぎない爽やかな香りでイライラ、ピリピリした気分をす~っと癒してくれるかも。


ゼラニウムの効果効能は?

ゼラニウムは、視床下部や副腎に働きかけて、ホルモン分泌や自律神経のバランスを調整してくれます。生理に関わるさまざまな不調など、婦人科系の症状をサポート。また、イライラしたり落ち込んだり、緊張や不安を和らげて、気分を明るくしてくれます。

引用:AROMA sommelier

【品名】ハーバルハンドクリーム 65g 1,298円(税込)

【HP】 MARKS&WEB

まとめ

日々色んなストレスを抱えて働く私たちですが、自分に合ったストレス解消法やリラックス方法を身につけて、少しでも快適にオフィスライフを過ごしたいですね。今回ご紹介したハンドクリームの活用方法も簡単にできますので、ぜひ試してみてくださいね。

ただ、気を付けたいのは香りが強すぎる場合、周りの同僚や上司などにとって「香害」となってしまうケースがあるということ。香りの感じ方は人それぞれですので、周りの方への配慮を忘れず、大人のマナーを守って使用しましょう。