【YouTube】ワタシゴトチャンネルも更新中!

イートインで一服。通な金沢新名物、「棒鮨」食べてみまっし!【PR】

金沢の味覚と言えば、外せないのはやっぱり海鮮!春はタイから始まり、夏はアカイカや岩ガキ、秋はノドグロやカマス、冬になればブリにズワイガニと、一年を通して四季折々の海の幸を堪能できます。

海産物を味わうなら、握り寿司や海鮮丼だと思っていませんか?そんな金沢観光ビギナーさんにこそ食べてほしい!今回おすすめするのは、棒状の押し寿司「棒鮨」です!

中でも、近江町市場に店を構えて30年余り、棒鮨専門店「舟楽」の棒鮨は格別!
その老舗が万を持して、今年2月にイートインスペースを設けてリニューアルオープンしました。これまでは、持ち帰りでしか味わえなかったあの味が、その場で気軽に堪能できるようになったんです!

「あの味が恋しい…」。一口食べれば、何度でも金沢に足を運びたくなること間違いなしです!

観光ついでにふらっとイートイン!

今回ご紹介するのは、金沢市の近江町市場内にある棒鮨専門店「舟楽(しゅうらく)近江町本店」。買い物通り口から入ってすぐにあります。

あおぞら
あおぞら

こんにちは。ワタシゴト編集部のあおぞらです!
舟楽さんが、新たにイートインスペースを設けてリニューアルオープンしたとの噂を聞きつけ、早速確かめに行ってきました!

石畳が並ぶ近江町市場から一歩中へ入ると一変。白木調に統一された店内は、落ち着いた雰囲気が広がっていました。

その一角には、イートインスペースが設けられ、机5卓に椅子10席が用意されています。活気あふれる近江町を横目に、ふっと一息。ゆったりとしたひと時を過ごすことができますね。

 

金沢の食文化を受け継ぎ30年。老舗棒鮨専門店「舟楽」の新たな挑戦。

「魚」が「旨」と書いて「鮨」。魚の旨さが自慢という舟楽では、鮮度から仕込みまで徹底してこだわり、職人が一本一本手間暇かけてこの味を守り継いできました。そんな舟楽が今回新たに挑戦すべくリニューアルオープン。いったい、その想いとは…。

あおぞら
あおぞら

約30年間近江町市場に根付き、金沢の食文化を守り継いできた「舟楽」さんですが、なぜ今回新しくイートインスペースを設けることになったのですか。

担当者
担当者

これまでは持ち帰り専門で棒鮨を提供してきました。でも、観光客のお客様にとって、馴染みがなく、食べたことがない棒鮨を買うことは、なかなかハードルの高いことだったんです。

あおぞら
あおぞら

なるほど。そう言われてみると。

担当者
担当者

遠方から訪れたお客様の中には、消費期限を気にして持ち帰りを諦めてしまう方なんかもいたりして…。
せっかくお店まで足を運んでくれたにも関わらず、食べていただけないなんて残念だし申し訳ない、という思いもありました。

あおぞら
あおぞら

そんな事情があったとは知りませんでした。

担当者
担当者

その場で食べていける選択肢をつくらなければと思ったのが、イートインを考え始めたきっかけです。
まずは、このイートインで商品の美味しさを知ってもらった上で、持ち帰ってから存分に味わってもらえると嬉しいですね。

あおぞら
あおぞら

近江町市場での食べ歩きの一つとして、ふらっと気軽に立ち寄ってみるのもいいですね!

  

食べられるのはここだけ!新名物「甘海老棒鮨」はいかが?

イートインスペースの開設に併せて、目玉となるイートイン限定商品「甘海老棒鮨」を新たに開発!

光り輝く、圧倒的ビジュアル美。いざ実食です!醤油はつけずに、そのままぱくり。

あおぞら
あおぞら

んー!口の中でぷりぷりと弾ける!とれたての甘海老を食べているかのような、しっかりとした弾力にびっくり!
その後から、とろっとした優しい甘さが口の中を満たしてくれます。これは悶絶級の美味しさ!

さらに一口。

あおぞら
あおぞら

甘海老とシャリの間にはガリが挟まれていて、噛むごとにシャリシャリ。
さっぱりと食べ進められる上、食感もアクセントになってくせになりそう!

甘海老本来のぷりぷりとした食感を損なわないよう、甘海老の身は切らずに丸々一本ずつのせるこだわり。
素材の食感は生かしつつ、押し鮨ならではの味わいも引き出すために、押す力加減は職人の感覚で調節しているそう。熟練の技と職人の心意気を感じさせられますね!

ついでに、不動の人気「吟撰鯖 棒鮨」もぱくり!

吟撰鯖はかなり肉厚!断面を見ると、シャリが圧倒されているほどの分厚さ。

あおぞら
あおぞら

吟撰鯖の身はしっとりとしていて、シャリはほろほろと柔らかい。
酸味と甘味のバランスが絶妙で、人気があるのも納得の美味しさ!
一切れ食べただけで口いっぱいに広がる満足感。ずっしりと食べ応え満点でした!

 

一度で二度楽しめる棒鮨。すぐ食べても、寝かせても旨い!

半日から一日ほど時間を置いて食べると、また違った味わいが楽しめるんだとか!
イートインで食べる押したては、ふわっとした食感を楽しめる一方で、次第に棒鮨が馴染んでくると、よりしっかりとした押し鮨らしい風味と食感に変わっていくんだそう。

一度で二度美味しいとは奥が深い…。
両方食べ比べて、思う存分棒鮨を堪能してみたくなりました!

  

失敗の連続。甘海老棒鮨、実現までの一年。

あおぞら
あおぞら

甘海老棒鮨を完成させるに至るまで、かなり紆余曲折があったとのことですが、なぜ甘海老を使った棒鮨に挑戦しようと思ったのですか。

担当者
担当者

石川県を代表する海の幸といえば、甘海老です。
これまでにも幾度と挑戦しては失敗しての繰り返しで、諦めかけた時もありました。それでもなんとかして石川の甘海老の魅力を押し出した商品が作りたい、との思い一つで商品化にこぎつけました。

あおぞら
あおぞら

確かに、その思いも納得の美味しさでした!

担当者
担当者

どうしたら甘海老を長持ちさせられるのか、本来の食感を保たせられるのか、改良に改良を重ねました。構想から一年以上をかけて、仕込みや製法を徹底的に見直し、やっと納得のいく出来栄えに仕上げることができました。

この新しく生まれ変わった店舗をこれからどのように利用してもらいたいですか。

担当者
担当者

賑やかな近江町市場を散策して疲れたら、ちょっと一息ついて落ち着けるような場所にしたいですね。今後イートインを通じて、これまでの棒鮨に対する敷居を下げて、お試し気分で手に取ってもらえるような商品にしていきたいです。

今回紹介した新商品の「甘海老棒鮨」や定番の「吟撰鯖棒鮨」以外にも、イートインでは、のどぐろやのとふぐ、穴子の棒鮨を提供しています。その他、持ち帰りや期間限定商品など、バリエーション豊富にご用意!きっとあなたのお気に入りの一品が見つかるはず!

 

これを食べれば、あなたも金沢通!金沢観光ついでに絶品棒鮨食べていきまっし!

 

店舗情報

株式会社 舟楽(しゅうらく)近江町本店

住所:石川県金沢市上近江町24-1
営業時間:午前9時から午後3時(ラストオーダー)
定休日:水曜日(棒鮨の持ち帰り販売は営業しております)
電話番号:076-232-8411
公式サイト:舟楽
※価格は公式サイトをご確認ください。