【YouTube】ワタシゴトチャンネルも更新中!

【イベント】9/4(土)~10/24(日)「奥能登国際芸術祭2020+」

2021年9月4日(土)~10月24日(日)の期間中、石川県珠洲市全域にて、
アートの力で美しい自然や食、人との繋がりを表現したイベント「奥能登国際芸術祭2020+」が開催されます。

最涯×最先端アートイベント「奥能登国際芸術祭2020+」

能登半島の先端に位置する珠洲市は、昔ながらの暮らしや風習など、
最涯の地ならではの「忘れられた日本」が今でも残っています。

そのポテンシャルを現代アートで表現し、広く発信することで人と時代の流れを変える運動にしたいとの想いで開催される「奥能登国際芸術祭2020+」。

珠洲市内10のエリアが会場となり、それぞれの地域が持つ歴史や文化などの魅力を表現し、
アートを通して、遠く広く伝える芸術イベントです。

 

スズ・シアター・ミュージアム「光の方舟」_イメージドローイング(南条嘉毅)

 

2017年秋に初開催され、第2回目の開催は2020年を予定していましたが、
新型コロナウイルスの影響で1年延期されました。延期されたことによって、アーティストはより珠洲と深く呼応した作品を制作しています。

また、コロナ禍によって失われつつある様々なつながりをアートの力で再びつなげたいという想いも込められています。

 

塩田千春『時を運ぶ船』
©JASPAR,Tokyo,2021 and Chiharu Shiota

 

イベントでは、16の国と地域から53組のアーティスト(うち新作47組)が参加。
現代アートでありながら、珠洲市に古くから残るそのままの自然との融合を感じられる作品の数々を、珠洲市でしか味わえない特別感と共に楽しめます。

ガイド付きツアーバスも運行しており、4パターンのコースから選ぶことも可能。
地域情報や作品制作秘話なども盛り込んでガイドしてくれるので、ぜひ初めての方は参加してみてくださいね。

 

『Something Else is Possible /なにか他にできる』
©エレン・エスコベード作「c-oatl」
[1980年メキシコ国立自治大学文化センターに恒久設置]を参照

イベント詳細

奥能登国際芸術祭2020+

【開催期間 】2021年9月4日(土)~10月24日(日)
【開催時間】 9:30~17:00
【開催場所】石川県珠洲市全域
【参加アーティスト】16の国と地域から53組(うち新作47組)
【休館】祝日除く木曜日(一部作品を除く)
【入場料】
 作品鑑賞パスポート
  (一般) 前売 2500円、当日 3000円
  (大学生)前売 1000円、当日 1200円
  (小中高校生) 前売 300円、 当日 500円
  前売販売期間が9月30日まで延長となりました。
【お問い合わせ】奥能登国際芸術祭実行委員会事務局
 《住所》石川県珠洲市飯田町13-120-1
 《TEL》0768-82-7720 *8:30〜17:00、土日祝除く
 《E-mail》info@oku-noto.jp
 《公式サイト》奥能登国際芸術祭2020+公式サイト

 

ラックス・メディア・コレクティブ『うつしみ』